悩まないヘアケアで薄毛改善

ストレスからなのかそれとも更年期からなのか原因を探ればきりがない私の薄毛の悩みは突如として襲われることになりました。そういえば数年前から抜け毛が目立つようになりそのときはあまり気にしてませんでしたが気づけば頭頂部が薄くなってました。女性とはいえこのような薄毛に悩まされることになるとはこれっぽちも考えてませんでしたし何より薄毛になってからはどうすればいいのかさらに悩まされることになりました。

 

それで私がやってた薄毛対策は女性用育毛剤、やはりこれしか思いつきませんでした。それで使い始めは何ら変化が見られないことから不安を覚えつつやっぱりそう簡単に効果が出るわけないと半ば諦めムードでルーティーンのように育毛剤を使用してました。その後1年ほど経過して感じたことは確かに髪の毛のボリュームもよくなり抜け毛も減ってることに気づきました。

 

普段はなるべく薄毛のことを考えず女性用育毛剤を使う、そんな生活を送ってましたがいつの間にか改善されてたようですのでまずは悩まない、ヘアケアは続けること、この二つが私にとって良かったことなんだと改めて感じました。

お腹がすくことで頭も冴えて抜け毛も減少の体験

食べることは人間の楽しみであり喜びでもありますし、特に女性は甘いものが好きなうえに、ストレスを晴らすために食欲に走ることがあります。3回の食事はきちんと食べるうえに、甘いものの間食も欠かさない生活をしていたところ、年齢を重ねるたびに抜け毛が多くなることに気が付きました。仕事で重要なプレゼンの資料をつくる時などは、お腹をしっかり満たしてから仕事に入りますが、なぜか集中ができませんし、食べるほどに抜け毛が増える気がしてなりません。

 

以前お腹がすくほどに人間の頭が冴えると耳にしたことがあったため、仕事の効率化も兼ねて大切なプレゼン前や会議前には、あえて空腹の時間をつくるようにしたところ、それは本当でした。最初は仕事での効率を期待しての空腹時間をつくる取り組みでしたが、良い結果はそれだけではありません。空腹時間をこれまでよりつくるようにしたら、悩んでいた抜け毛が減ってきたためです。とても不思議な個人的体験ですが、お腹に空腹感を感じさせることは、頭も冴えますが便乗して抜け毛が減ることにもなりました。効果的な抜け毛対策は意外に身近なところにあるものです。

カツラをつけることに関しては悪くない

バレにくいかつらというのもそれはそれで素晴らしいものであり、そもそも男性型脱毛症で髪が薄いことが恥ずかしいからこそ、かつらのようなものを付けているということになるわけですが、女性から見ればカツラをしているのは悪いわけではありませんし、バレたところで特に気にされることでもないです。
見苦しくばれないようにしているよりもかつらを被ってはいるがそれでもビジュアル的に良い方向に持って行きたいのでしているのであるということをはっきりとさせている人の方が多い印象になります。
あるいはずれたりしないようにしっかりと配慮するということができる人の方がまだマシになります。ばれるばれないというよりも身の回りのことに注意が向いていないということでもありますから、そこから身の回りに関する良し悪しの判断をされてしまうことがあるわけです。カツラをかぶることに関しては悪くはないです。
それを嘲笑する女性は殆どいないのです。問題はそれ以外の身支度といえるでしょう。

髪型を思い切って変えてみる

ある日突然、薄毛に気づいたときは相当ショックだと思います。私のいる梅田の町でも発毛に悩んでいる方が少なくありません。そうなったとき、髪型で悩む方が多いと思いますが・・。どうでしょう、個人的な感覚では、薄毛の人って、割と長めの髪形を採用している人が多いような気がします。そうすることで、地肌の露出を抑えようと考えているのでしょうが・・。でもね、それはむしろ逆効果なんですよね。それよりも、思い切って短くしたほうが、薄毛は目立たなくなると思いますよ。特に、サイド部を短く借り上げてやると、全体的な薄毛の印象は随分と緩和します。そうすることで、サイド部の頭皮が露出するからです。また、短くすることで、髪の毛の動きが少なくなり、ふとした拍子に地肌が露出することを抑えることができます。例えば、自転車に乗っているときって、風を受けますよね。その際、髪の毛が長いとどうしても地肌がさらされてしまいます。そのたびに、髪型を治すのもすごいストレスです。そういうのが、短めの髪形なら、心配ありません。衛生的にも、また髪の毛の生え代わり(サイクル)を促すうえでも好ましいです。というわけで、是非短めの髪形を採用してみてください。