合わせ鏡で自分の頭部を見る勇気

薄毛や抜け毛が気になり始めると、自分の頭部を鏡で見るたびに気が滅入ってしまいますよね。
見たところで薄くなった髪の毛が増えるわけでもなく、ただいたずらに落ち込むだけなのは分かっているのですが、それでもなお鏡で見てしまうという不思議なループに囚われる人が多いようです。
やはり気になるものは気になるのでしょう。

普段、鏡で自分の顔を見る際にはほとんど真正面の姿が多いかと思います。
言い換えれば、横や後ろ、そして頭上からのアングルで自分の頭部を目にする機会は少ないという事でもありますね。

ここでひとつ提案です。
勇気を出して合わせ鏡で色々な角度から自分の頭部を眺めてみましょう。
そこには恐らく、出来れば目にしたくない光景が映りこんでいるかと思いますが、普段自分では見えない角度からみた頭皮というのが他者から見た真実のあなたです。
真正面から眺めているだけでは決して目に出来ない世界がそこにある事を目の当たりにするでしょう。

まるで傷口に塩を塗るような行為ですが、これには確たる理由があるのです。
ヘアケアは自分の頭皮の状態を正しく把握することが第一歩です。
なので、辛い現実もしっかりと受け入れねばなりません。
自分は想像以上に禿げているという事実のもとに、適切なヘアケアを行う必要があるのです。
精神面のダメージは大きいかもしれませんが、これも薄毛改善のための手法なのは確かですよ。

薄毛は外見的特徴に過ぎない

これまで、職場・近所・よく利用する施設など、何人かの治療を要する薄毛の男性に出会ってきました。そして、人それぞれ薄毛に対しての意識や対処法が違いました。明らかに不自然に隠している人、突っ込まれるのを警戒してか自分から自虐ネタにしてくる人、何もせず堂々としている人…。コンプレックスである事はとても理解出来ます。私自身が男性だったらとても悩むと思います。

 

でも、はっきり言って女性は何も気にしていません。「薄毛だな」とは思いますが、それは「背が高いな」「目が大きいな」と同等のその人の外見的な特徴を認識しているだけに過ぎず、薄毛だからどうのこうのと言うことはないのです。ただ、薄毛を隠すよりは堂々としている人の方が接しやすいように思います。不自然に隠している人には、必要以上に気を使います。

 

自虐が過ぎてもいけませんが、人前では明るく笑い飛ばせるくらいが良いと思います。もちろん、気にするなと言われてもすぐに前向きにはなれないかもしれませんが、薄毛に冷たい視線を向ける女性は多くないという事をお伝えしたいです。

かつらはカミングアウトしてもいいと思う

かつらであることは男性ならば気になることは当然のことです。できることならば好きな髪形をしたい、AGA薄毛を気にしないで暮らしたいと思う気持ちもとてもよくわかることであり好きで薄毛用のかつらを着用している人はほとんどいないと思います。なので他人の目、特に女性がかつらを着用する自分をどんな目で見ているのかは当然気になるものですが好きで薄毛になったりかつらを着用する男性はいないように女性も薄毛なことでかつらを着用する方も多くいます。

誰しも自分が人からどんな目で見られているのかは気になることですが自分にとって大切な友人や女性であるのであればかつらであることを隠したり黙っているのではなくカミングアウトしてしまうことで本当の自分を知ってもらうチャンスにもなると思います。かつらであること、薄毛であることをカミングアウトして離れていったり人に話すような人はそれだけの人間であるだけなので自分自身が薄毛であること、かつらを着用していることに後ろめたさを感じるようであれば大切な友人や女性にはカミングアウトして本当の自分、自分が気になっていることを知ってもらうことで気持ちの後ろめたさもなくなりより親密な関係を気付けることもあります。