男性用育毛剤を使ってびっくり!

主人が育毛剤を使っていて、そのことについてとても気になっていました。それはその時に、私が使っている育毛剤がなくなっていたからです。そのことから、至急で取り寄せることにしました。しかし時間が掛かってしまいますね。そこで考えたこととして、私専用の育毛剤が届く間だけ、主人の育毛剤を使わせてもらうことにしました。主人は大宮の薄毛外来でもらっているAGA治療薬も併用しています。

その説明書を見ると、男性専用とは記載していません。そのことに安心して、使ってみました。まずなんといっても、香りが違います。それは女性用よりも強い香りです。しかし嫌な香りではなく、とてもいいのです。爽やかな気分になることができるし、さっぱりします。

そしてその効果についても、びっくりしているところです。それは一回使ったのに、なんとなく髪の毛が元気になっていると思えるのです。こしがあるというか、そんな感じです。しかしそれを長く使い続けることはしません。髪の毛にダメージが来るかも知れないと感じてやめることにしています。

薄毛対策でまず行うべきなのは血行促進です

私の場合もそうでしたが、薄毛の原因の多くは血行不良です。タバコや運動不足、悪い生活習慣などによって頭皮の毛細血管が縮小してしまい、血行不良になってしまいます。その結果、髪の毛が成長する為の栄養が不足して、抜け毛が増えたり髪の毛が細くなってしまったりして薄毛になってしまうんです。

ですので、薄毛対策としては血行促進をまず心がけるようにするのがオススメです。血行促進する為には育毛剤の使用も良いのですが、生活習慣を見直すのがお金も掛からず良いと思います。私の場合はなるべく運動するようにしたり、早寝や食生活の改善を心がけました。

その結果、今ではそれなりに髪の毛が戻ってきました。もちろん完全に若い時のように髪の毛がフサフサになったという事はないのですが、年相応にはなりました。さすがにそれだけでAGAが原因での薄毛まで回復するとは言いませんが、生活習慣を見直す事で体質改善になりますので、後のAGA治療にも良い効果が出ると思います。

薄毛になりたくないなら油物を控えておこう

薄毛に悩む男性は脂っこいものを控えたのならいいでしょう。いやもう本当に、食生活が髪の毛に影響しますからね。もちろん髪の毛のツヤやコシといったような「髪の毛の状態」にも、食生活は大きく影響するかと思われますが、それよりなにより「生えているか/生えていないか」といったところに影響するのが、まずは食生活ですからね。

いや、もっと厳密に言えば、髪の毛の状態に最も大きく影響するのは、「遺伝」だったりするのですが、しかしそれは自分ではどうすることもできませんからね。「遺伝」ばかりは、自分自身ではどのように努力しても、自分の薄毛をどうこうするのはもう生まれた後では遅いというものですから。

しかしまだやりようはありますから。ハゲ家系であっても、努力できる余地をしっかりと努力することによって、ハゲる時期を遅らせることぐらいはできるものです。そしてその努力は食生活に向けるのが、最も高い効果を生むとも言えるでしょう。

薄毛対策には「油物を控えて野菜多めのヘルシー生活」ですからね。ハゲたくないのでしたら、脂っこいものを控えることです。

夏に不摂生で秋に抜け毛がひどくなるまさかのほんとの話。

夏に冷たいものを飲みすぎると秋に髪の毛がよく抜けるとは聞いたことがありましたがまさか本当だとは思っていませんでした。凄く暑い日が続くある年の夏に、例年より多くほぼ毎日1日に何度もキンキンに冷えた冷たい飲み物ばかりを飲んでいる年がありました。するとその年の秋に普段より髪の毛が多く抜けるようになりました。毎日毎日はっきりわかるくらい抜けていきました。

その秋は抜けきるまで辛抱です。だからハゲができるとかそういうことはありませんでした。ですが、これが続くのはまずいと思い、冷たい飲み物はなるべくひかえるようにしました。次の年の夏も異常に暑い毎日でしたが、なるべく冷たいものはひかえ、常温くらいか少し冷えている程度のものにしました。食事でも意識して体を温める食べ物を摂取するよう心がけて、自分自身の体温もあげていくようにしました。

やはり抜け毛対策は生活面の習慣を見直し、よくないとおもわれることはひとつずつ改善していくことが大切だと思います。そのこと自体がストレスになるのは逆効果ですが、ほったらかしにしていていいことはひとつもありません。ストレスにならない程度に改善できそうな小さな項目から取りかかっていけば自身の体は必ず答えてくれます。それは抜け毛だけでなく、体全体の不調改善にもつながります。