合わせ鏡で自分の頭部を見る勇気

薄毛や抜け毛が気になり始めると、自分の頭部を鏡で見るたびに気が滅入ってしまいますよね。
見たところで薄くなった髪の毛が増えるわけでもなく、ただいたずらに落ち込むだけなのは分かっているのですが、それでもなお鏡で見てしまうという不思議なループに囚われる人が多いようです。
やはり気になるものは気になるのでしょう。

普段、鏡で自分の顔を見る際にはほとんど真正面の姿が多いかと思います。
言い換えれば、横や後ろ、そして頭上からのアングルで自分の頭部を目にする機会は少ないという事でもありますね。

ここでひとつ提案です。
勇気を出して合わせ鏡で色々な角度から自分の頭部を眺めてみましょう。
そこには恐らく、出来れば目にしたくない光景が映りこんでいるかと思いますが、普段自分では見えない角度からみた頭皮というのが他者から見た真実のあなたです。
真正面から眺めているだけでは決して目に出来ない世界がそこにある事を目の当たりにするでしょう。

まるで傷口に塩を塗るような行為ですが、これには確たる理由があるのです。
ヘアケアは自分の頭皮の状態を正しく把握することが第一歩です。
なので、辛い現実もしっかりと受け入れねばなりません。
自分は想像以上に禿げているという事実のもとに、適切なヘアケアを行う必要があるのです。
精神面のダメージは大きいかもしれませんが、これも薄毛改善のための手法なのは確かですよ。

薄毛は外見的特徴に過ぎない

これまで、職場・近所・よく利用する施設など、何人かの治療を要する薄毛の男性に出会ってきました。そして、人それぞれ薄毛に対しての意識や対処法が違いました。明らかに不自然に隠している人、突っ込まれるのを警戒してか自分から自虐ネタにしてくる人、何もせず堂々としている人…。コンプレックスである事はとても理解出来ます。私自身が男性だったらとても悩むと思います。

 

でも、はっきり言って女性は何も気にしていません。「薄毛だな」とは思いますが、それは「背が高いな」「目が大きいな」と同等のその人の外見的な特徴を認識しているだけに過ぎず、薄毛だからどうのこうのと言うことはないのです。ただ、薄毛を隠すよりは堂々としている人の方が接しやすいように思います。不自然に隠している人には、必要以上に気を使います。

 

自虐が過ぎてもいけませんが、人前では明るく笑い飛ばせるくらいが良いと思います。もちろん、気にするなと言われてもすぐに前向きにはなれないかもしれませんが、薄毛に冷たい視線を向ける女性は多くないという事をお伝えしたいです。

かつらはカミングアウトしてもいいと思う

かつらであることは男性ならば気になることは当然のことです。できることならば好きな髪形をしたい、AGA薄毛を気にしないで暮らしたいと思う気持ちもとてもよくわかることであり好きで薄毛用のかつらを着用している人はほとんどいないと思います。なので他人の目、特に女性がかつらを着用する自分をどんな目で見ているのかは当然気になるものですが好きで薄毛になったりかつらを着用する男性はいないように女性も薄毛なことでかつらを着用する方も多くいます。

誰しも自分が人からどんな目で見られているのかは気になることですが自分にとって大切な友人や女性であるのであればかつらであることを隠したり黙っているのではなくカミングアウトしてしまうことで本当の自分を知ってもらうチャンスにもなると思います。かつらであること、薄毛であることをカミングアウトして離れていったり人に話すような人はそれだけの人間であるだけなので自分自身が薄毛であること、かつらを着用していることに後ろめたさを感じるようであれば大切な友人や女性にはカミングアウトして本当の自分、自分が気になっていることを知ってもらうことで気持ちの後ろめたさもなくなりより親密な関係を気付けることもあります。

悩まないヘアケアで薄毛改善

ストレスからなのかそれとも更年期からなのか原因を探ればきりがない私の薄毛の悩みは突如として襲われることになりました。そういえば数年前から抜け毛が目立つようになりそのときはあまり気にしてませんでしたが気づけば頭頂部が薄くなってました。女性とはいえこのような薄毛に悩まされることになるとはこれっぽちも考えてませんでしたし何より薄毛になってからはどうすればいいのかさらに悩まされることになりました。

 

それで私がやってた薄毛対策は女性用育毛剤、やはりこれしか思いつきませんでした。それで使い始めは何ら変化が見られないことから不安を覚えつつやっぱりそう簡単に効果が出るわけないと半ば諦めムードでルーティーンのように育毛剤を使用してました。その後1年ほど経過して感じたことは確かに髪の毛のボリュームもよくなり抜け毛も減ってることに気づきました。

 

普段はなるべく薄毛のことを考えず女性用育毛剤を使う、そんな生活を送ってましたがいつの間にか改善されてたようですのでまずは悩まない、ヘアケアは続けること、この二つが私にとって良かったことなんだと改めて感じました。

カツラをつけることに関しては悪くない

バレにくいかつらというのもそれはそれで素晴らしいものであり、そもそも男性型脱毛症で髪が薄いことが恥ずかしいからこそ、かつらのようなものを付けているということになるわけですが、女性から見ればカツラをしているのは悪いわけではありませんし、バレたところで特に気にされることでもないです。
見苦しくばれないようにしているよりもかつらを被ってはいるがそれでもビジュアル的に良い方向に持って行きたいのでしているのであるということをはっきりとさせている人の方が多い印象になります。
あるいはずれたりしないようにしっかりと配慮するということができる人の方がまだマシになります。ばれるばれないというよりも身の回りのことに注意が向いていないということでもありますから、そこから身の回りに関する良し悪しの判断をされてしまうことがあるわけです。カツラをかぶることに関しては悪くはないです。
それを嘲笑する女性は殆どいないのです。問題はそれ以外の身支度といえるでしょう。

髪型を思い切って変えてみる

ある日突然、薄毛に気づいたときは相当ショックだと思います。私のいる埼玉の田舎町でも女性の薄毛に悩んでいる主婦が少なくありません。そうなったとき、髪型で悩む方が多いと思いますが・・。どうでしょう、個人的な感覚では、薄毛の人って、割と長めの髪形を採用している人が多いような気がします。そうすることで、地肌の露出を抑えようと考えているのでしょうが・・。でもね、それはむしろ逆効果なんですよね。それよりも、思い切って短くしたほうが、薄毛は目立たなくなると思いますよ。特に、サイド部を短く借り上げてやると、全体的な薄毛の印象は随分と緩和します。そうすることで、サイド部の頭皮が露出するからです。また、短くすることで、髪の毛の動きが少なくなり、ふとした拍子に地肌が露出することを抑えることができます。例えば、自転車に乗っているときって、風を受けますよね。その際、髪の毛が長いとどうしても地肌がさらされてしまいます。そのたびに、髪型を治すのもすごいストレスです。そういうのが、短めの髪形なら、心配ありません。衛生的にも、また髪の毛の生え代わり(サイクル)を促すうえでも好ましいです。というわけで、是非短めの髪形を採用してみてください。

薄毛の男性におすすめのケアと髪型

薄毛の男性は、どことなく自信なさそうにうつりますが、それほど気にしている女性ばかりではありませんし、薄毛でもモテている人は沢山います。むしろ人気者と言える人も多いですので髪型ばかり気にしないで自分のチャームポイント位に思っているのがよいのではないでしょうか。しいて言えば、頭頂部がはげている人はオイリースキンの印象がありますので、それは適切なケアですっきりとさせておいた方が良いです。

 

特に加齢臭が気になる年齢になると頭皮がテカテカしていたのではあまり印象はよくないですので、気になるようであれば朝シャンプーをしてから通勤やデートに行くと良いかも知れません。埼玉で話題のクリニックでプロペシアを処方してもらってもよいかもしれません。分け目が気になる人は思い切って短くしてしまうのもおすすめです。ツーブロックと言われる髪型はサイドと後ろを刈り上げるので、頭頂部が薄くても目立ちません。最近男性の間でも流行の髪型ですので、おしゃれをアピールするためと薄毛を目立たなくさせる、お得な髪型でおすすめです。

ダイエットも薄毛対策もしたいので豆乳!

薄毛に悩んでいるのでしたら、栄養を摂る方がいいですよ。「ちょっとぐらい太った方がいい」とまでは言い切れませんけれど、しかし髪の毛のためにも、栄養は十分に摂らなくてはダメだと自分自身の経験からしても思います。

だって、ダイエットをしていますと、髪の毛がパッサパサになりますもん。炭水化物の摂取量を減らすダイエットをするにしても、タンパク質にしましてもやはりダイエットをしていない時と比べますと、全体的な摂取量が減りますから、そりゃあまあ髪の毛にも影響は出ますよね。

そして髪の毛のボリュームがますますなくなってしまうというわけでしょう。だって、ダイエットをしていますと、明らかに髪の毛のボリュームが減っていることを感じますもん。というか、髪の毛にまで栄養がいかなくなるので、切れ毛なんかも増えていることでしょうか。

かえってちょっとぐらい太っている人の方が髪の毛がツヤツヤで良いボリュームを出していますからね。ですからダイエットと髪の毛の質および薄毛は関係していると思いますよ。ダイエットというよりは栄養ですね。ですから栄養をしっかりと摂ることが薄毛対策にもつながっているのでしょう。

でも、私はダイエットも気になりますので、毎日豆乳をたっぷり飲むようにしています。埼玉で育毛に励む友人も言っていますが、タンパク質は良い髪の毛を作りますから。

薄毛と男性ホルモンは関係有り?

男性は、薄毛になるととても心配になります。薄毛は女性であっても同じ事ですね。薄毛になることにより、周りの人達からどんなふうに見られているのか気になるんですね。その時、一つのこととして自分は男性ホルモンの分泌が強いと思われていると思う事もあるのではないでしょうか。そんなふうに思う事もありますが薄毛を気にするあまり、自分をホルモンバランスが良すぎる、またはおかしいと思うのは間違いです。

 

確かに遺伝的な要素もあったり、ホルモンバランスにより髪の毛が作用することもあります。しかしそのことについて女性が、そんなふうに見ていることはないのです。その薄毛の人が男性ホルモンが強いなどと思って見られていると思わないようにしましょう。

 

むしろ、強い人というそんな印象を持ちます。それはハリウッド映画に出て来る男優などは素敵な薄毛の人が多いですね。そのことを思うと、外見よりも素敵に見せる方法はたくさんあるということが言えるのではないでしょうか。

薄毛対策ならまずは目的に合った育毛剤!

薄毛に気づいた時のショックは計り知れないものがあるでしょう。
すぐにでも対策を取りたいと思っても、経験がなければ何から始めていいのかわからなかったりするものです。

 

ですが、薄毛はほとんどが進行性であるため、何かしらの対策を取らなくては進行してしまう一方です。
できるだけ早く対応することで、薄毛の症状を遅らせることも可能であり、食い止めることもできます。

 

薄毛に気づいた時に、ひとまず気軽に取り掛かれる薄毛対策が、育毛剤の使用です。
現在、男性の薄毛に関する研究が進み、市場には数多くの育毛剤が流通しています。
薄毛のタイプによっても効果のある育毛剤に違いが出てくるため、自分の薄毛のタイプと傾向を確認しながら育毛剤を選ぶ必要があります。

 

男性ホルモンに直接働きかけるタイプの育毛剤や、発毛に関係する毛母細胞の活性化を促進するタイプのものまで、実に様々です。
含まれている配合成分にも違いがあるため、自分の薄毛にはどんな成分が効果的なのかをしっかりリサーチすることで、より目的に合った育毛剤を選ぶことができます。