まさか自分がなるなんて思ってもみなかった薄毛

それまで髪の毛のことなんて気にしたこともなかったんです。
ですが、ある時にうちの子供に「お母さん、なんか頭の所が薄くない?」と言われて、初めて頭頂部が薄くなってることに気付いたんです。
普段から髪のパサつきとか白髪とかな、そんな髪質のことについては気にしますが、まさか頭頂部だなんて鏡で意識して自分で頭頂部を鏡で映さない限り、なかなか見ることなんてありませんものね。
しかも薄毛だなんて、男性はよくありますけど女性で薄毛ってあんまり私的には認識がなかったので、それこそ自分がそんなことで悩むなんて思ってもみないことでした。
お風呂で髪を洗うのが正直いって怖くなりました。髪を洗う度に髪が抜けていくようで・・・。
また髪を乾かす時も今までは温風で乾かしていたのですが「温風は髪にダメージを与えるんじゃないだろうか?」と冷風にしてみたり。何かと髪と関わることを行う時は、それ以来イチイチ「これって、どうなんだろう?」と神経を使うようになって気持ちがとても疲れてしまって困ります。
私の場合はシャンプーを変えてみたり、ドライヤーで乾かす際にも温風から冷風に変えてみたり、あとは頭皮マッサージをしてみたりと外的なこと試みてみましたが、その他にやはりもう一度生活習慣を見直しました。
例えば、食生活だったら髪はタンパク質からできているので、タンパク質が豊富な大豆を積極的に摂るようにするとか。髪に良いと言われているビタミンやミネラルを摂るとか。
また私の場合は寝る時間がいつも夜中になってしまっていたので、早く寝れる日は夜更かしを避けてとにかく早く寝るようにしたりすることも心がけました。そういった基本的なことを見直して改善していくだけでも、髪だけでなく身体の調子も良くなった感じです。
髪が薄くなるなんて、女性の自分にはそんなこと起こるなんて思ってもいませんでしたし、まさかそんなことで悩むことになるなんて思いもしませんでした。
ですが、女性だってなるんですよね。
でも薄毛になってしまったとマイナス志向になってはいけません。マイナス志向になってしまうと、余計にストレスになって薄毛を進行させてしまう原因になります。
まずは薄毛になってしまったら自分で思い当たることを全部紙に書き出してみて、それを一つ一つ見直していきましょう。そして、いろいろやっても駄目な時は薄毛の専門クリニックもあるので、そういう所へ受診しても良いかと思います。