産後の薄毛にはマッサージとシャンプーの見直しを。

子供を産んだ後、髪を触る度に手にたくさんの毛が絡まりとてもショックをうけました。
髪を一つに束ねると、おでこの両端の生え際が薄く目立ち、髪も元々細く量が少なかったので、さらに抜け、細いゴムでしか束ねられなくなりました。

産後脱毛という言葉は知っていたので、時期がくれば生えるだろうと思ってはいましたが、やはり見た目がきになり目立たないように髪を短くしました。

そして、美容院で頭皮の硬さを調べてもらうと、薄かった生え際がとても固くなっていたのでマッサージしてもらいました。

すると滞っていた血が本当に流れているように気持ちよかったので、家でもなるべく実践しました。

特に私の頭は四角い形をしていたので頭のてっぺんに血が通いにくく、そんな人はよくアニメに出てくる博士のように両側だけ髪を残してっぺんが薄くなってしまう事があると聞きました。

頭の血流が脱毛と深いかかわりがあると知り、その日からなるべくマッサージを心掛けました。

また、市販のシャンプーには硫酸系の強い薬剤が入っていると聞いたので肌に優しい安価なシャンプーを調べ、湯シャンとう言葉をしりました。

実際にはお湯だけで頭を洗うらしいのですが、私は匂いが気になったので髪を固形の牛乳石鹸で洗い、キシキシになった髪に洗面器に酢を入れたものをかける酢リンスを一か月程試しました。

1か月程で夏が来て、ゴシゴシ洗いたかったので市販の高いですが無添加のシャンプーに変えましたが、普通のシャンプーを使っていた時よりも髪は落ち着きました。

実際、抜け毛にはどうなのかはわからないですが、少なくとも地肌には悪くないはずです。

今は産後から時間もたちホルモンのおかげか、抜け毛も改善されましたが、頭皮と髪にはマッサージと肌に優しいシャンプーを見直すことが大切だと思います。

PR|京都で治す!女性のための薄毛相談|