薄毛対策として髪を太く!それなら短髪で!

以前は自身が薄毛治療で埼玉に通っていた美容師さんからされた薄毛アドバイスのひとつを紹介します。それは「薄毛で悩んでいるなら、髪の毛を短く切ろう!」ということです。なんでも、髪の毛が長いとそれだけ栄養をとられるということだそうで。しかし髪の毛が短いと、栄養を使う部分も少なくなるので、それで全体的に太い良質な髪の毛ができるのだとか。

 

全体的に「薄毛」に見えてしまう原因のひとつは、髪の毛の細さだと言うのです。髪の毛が細くなってしまっているから、静電気でおでこに張り付いてしまうのですし、一本一本が細い髪の毛なので、ぺしゃんこにもなってしまうのです。

 

ですから髪の毛を太くするためにも、しっかり栄養をとって健康的な生活を送ることが大事なのですが、しかし働き盛りの社会人にはそのような生活自体が到底難しいこともあります。しかしハゲたくはないということで、そこで「ショートヘアー」ですよ。

 

髪の毛を短くすることで、地肌への通気性をアップできますからね。それに髪の毛の長さが短ければ、管理もしやすく健康な髪を保ちやすいというわけですから。「だから、女性芸能人にしても年齢が上がるにつれて、髪の毛が短い人が増えるんだ!」と、妙に納得したものです。